MENU

ごあいさつ

すべての固体・液体物質は「表面」を有し、また物質と物質の間には「界面」が存在します。界面科学研究部門では、これらの「境界の空間」で生じる現象を理解し、また新しい機能性を有する「界面」を構築することを目的として研究を行っています。化学・物理・機械工学など様々な分野の研究者間の連携、また産業界との連携により、QOL(Quality of Life)の向上に貢献する成果を産み出すことを目指します。

部門長 酒井秀樹

お知らせ

Information

PAGE TOP